« Season's Groovin'/V.A. (1994年) | トップページ | The Baroque Brass/The Baroque Brass (1968年) »

2019年11月24日 (日)

The Lounge-O-Leers Christmas Party Album/The Lounge-O-Leers (1998年)

米国のラウンジ系?男性デュオ、ラウンジ・オ・リアーズが1998年にリリースしたクリスマス・アルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
C7faa05f797743af83b8a69a05683533_1_201_a 66c0dc175a4a4c2184c025f7e059fce8_1_201_a

全10トラック中、バカラック作品は1トラック

3. THE BELL THAT COULDN'T JINGLE (2:29)


米国のラウンジ系?男性デュオ、ラウンジ・オ・リアーズが1998年にリリースしたクリスマス・アルバムです。

ラウンジ・オ・リアーズ(公式サイトはこちら)は、歌手/キーボードのRicky Ritzelと歌手/パーカッションのAaron "Hot Rod" Morishita(日系人か?)による2人組。裏ジャケ写真の右側金髪が前者、左側黒髪が後者なのかな? All Musicでは、“ニューヨークのレトロな風刺家達” と紹介されています。本作がデビュー・アルバムで、これまでにアルバム9作をリリース。それらアルバムの収録曲をみると殆どが昔の曲みたいですね。

知らない曲もありますが、10トラックは全てクリスマス・ソング。演奏は2人で賄ってるようで、ドラムマシーンにキーボードとベースとパーカッションくらい。歌も2人で歌ってるのですが、ハモリはなくてユニゾンです。クォリティ、はっきり言って低いです。ヘタウマなんてもんじゃなく、ド下手。キーボードのミスタッチはざらだし、歌もシロートっぽい感じ。よくこれでCD売ってんなぁ…ってレベル。

バカラック・カヴァーのT-3.「 ザ・ベル・ザット・クドゥント・ジングル 」も残念ながら低クォリティ。バカラックの数少ないクリスマス・ソングだしMP3はなさそうなのでCD購入を決断したのですが、もしMP3試聴できたならこの曲だけダウンロードしてCD買いませんでしたよ。という訳でお勧めは致しかねます。

ただ、アルバムの中には意外な曲も。T-7.「 バレエ組曲 くるみ割り人形 」はあのチャイコフスキーの組曲。くるみ割り人形ってクリスマス時期のお話なんですね。オリジナル(22分くらい)より短い15分ちょっとですが、ちゃんと全曲(8曲)演っていてその意欲は買います。演奏は相変わらずド下手ですけどね。

さて、ここからはオマケです。MP3で所有しているラウンジ・オ・リアーズのバカラック・カヴァー2曲をちょろっとご紹介。
Efad8c94fa614d0a8bd9e918d00a1984_1_201_a
2005年のアルバム『 House Party 』で「 サン・ホセへの道 」をノラ・ジョーンズ「 DON'T KNOW WHY 」とマッシュアップしてカヴァー(3:23)。演奏のクォリティは相変わらず。しかも、「 DON'T KNOW WHY 」は歌詞を歌ってるくせに「 サン・ホセへの道 」では歌詞を歌わず に延々” ズーズーズーズー ズーズズーズズ ” って歌ってんすよ、ヤツらは。っざけんじゃねぇっつーの。バカラック爺に謝れっ!
5e7156222bd54223b26315802183a44e_1_201_a
性懲りもなく2008年にはアルバム『 The Lounge-O-Leers '68 』で「 恋のおもかげ 」(4:16)をカヴァー。シロートな歌唱やチープな演奏は変わらないものの、原曲の世界観がなんとなく伝わってくるのは少しは成長したからなのか?

そしてオマケ情報その2。MP3で所有している、今年(2019年)リリースされた「 ザ・ベル・ザット・クドゥント・ジングル 」のカヴァーをご紹介!
C074ee504476482aab20c2d85dcd5d90_1_201_a
米国人1,英国人1,ドイツ人2からなる2ホーンのジャズ・カルテットの Echoes of Swing が、米女性ジャズ・シンガーのレベッカ・キルゴアを迎えたアルバム『 Winter Days at Schloss Elmau with Rebecca Kilgore 』で「 ザ・ベル・ザット・クドゥント・ジングル 」(3:26)をカヴァー。レーベルはACTですよん。この曲ではウッドベースとアコギも加わり、賑やかなボサノヴァ・アレンジとなっています。ラウンジ・オ・リアーズとは月とスッポン、いやそれ以上かも(笑)。
16713537ebb44d4c8851a84e9ed0d36f_1_201_a
ドイツはハノーヴァー出身の男性ジャズ・シンガー、Juliano Rossi がアルバム『 The Last White Christmas 』で「 ザ・ベル・ザット・クドゥント・ジングル 」(1:48)をカヴァー。アップテンポ(♩≒220)で、ピアノトリオ+オルガンによる伴奏が楽しいです。Juliano Rossi はバリトンくらいの音域でしょうか、余り楽しそうに歌ってないのがちとマイナスポイントです。


【データ】
『 The Lounge-O-Leers Christmas Party Album 』
The Lounge-O-Leers

CD:1998年リリース
レーベル:Lounge Records
番号:LOL-02-CD

The Lounge-O-Leers are Ricky Ritzel and Aaron "Hot Rod" Morishita
Ricky Ritzel:Vocals and Yamaha PSR620 portable keyboard
Aaron Morishita:Vocals, Theramin, Percussion Trap and Boss DR 550 MKⅡ drum machine
Recorded at:PPI Recording Studio New York City

« Season's Groovin'/V.A. (1994年) | トップページ | The Baroque Brass/The Baroque Brass (1968年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Season's Groovin'/V.A. (1994年) | トップページ | The Baroque Brass/The Baroque Brass (1968年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック