« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

New Pastel/笠井紀美子 (1984年)

女性ジャズ・シンガーの笠井紀美子が1984年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
8b1b69d66c32446ca168d51c9883c835_1_201_a A7225ea012e443619108f8f197320379_1_201_a

全10トラック中、バカラック作品は1トラック

3. ALFIE (4:50)


女性ジャズ・シンガーの笠井紀美子が1984年にリリースしたアルバムです。

彼女は1945年生まれ。京都出身で1964年に上京、1979年に単身LAに渡り1982年に帰国。1984年10月リリースの本作は帰国後3作目のアルバムなんだそう。1987年からは宝飾デザイナーとしても活動。1998年に音楽活動から引退され、現在はカリフォルニア州サンタモニカに在住だそう。

De172b00a50b4211846617318a4c4af7_1_201_a
─ 80年代のダンス・グルーヴ×スタンダード・ジャズ! 時代の波も、ジャンルの壁も超え、KIMIKOのヴォーカルが鮮やかに描く痛快作 ─ (リイシューCDの帯より)

バックはバンド+ホーン群。サウンド的には、ジャズ・ファンクとAORとソウルのコラボ+ちょっぴりビッグバンドも顔を出してる…、そんな感じでしょうか。彼女のヴォーカルはファンキーながらチャーミングなところが魅力でございます。見た目通り?ですね😃

そんなアルバムの全10曲のうち、スタンダードと言える楽曲がバカラック・カヴァーのT-3.「 アルフィー 」と映画『 シェルブールの雨傘 』のT-10.「 アイ・ウィル・ウエイト・フォー・ユー 」。この2曲のアレンジが結構ユニークでして。後者は、ゆったりとしつつも緊張感ある1コーラス目から、テンポアップしてビッグバンドな間奏に変わり2コーラス目はまた1コーラス目と同じに戻りフェードアウトしてエンディング。まるでドラマを観てるよう。

そして前者「 アルフィー 」のアレンジも実に独特。まずイントロ。フェードインして聴こえてくるのはギターのカッティング。リズムは♩≒93のジャズファンク系軽めの16ビートで、微かにラテンの香りも。彼女のヴォーカルは若干フェイクもかましながらノリとキレがあります。サビや中間部の間奏ではホーンがゴリゴリ鳴ってゴージャスな感じ。ラストのフレーズだけはリズムが消え、やっと「 アルフィー 」らしくなってエンディング。ここまでノリの良い「 アルフィー 」も珍しいのではないかと…。


【データ】
『 New Pastel 』
笠井紀美子

LP/CD:1984年10月リリース (所有CDは、2017年8月23日リイシュー盤)
レーベル:CBS/Sony (所有CDは、Sony Records)
番号:28AH 1790 / 32DH 152 (所有CDは、SICP 5528)

Produced by 伊藤八十八
Arranged by 笹路正徳
笠井紀美子:Lead Vocals
笹路正徳:Piano, Fender Rhodes, Synthesizers
Paul Jackson Jr.:Guitar
Nathan East:Bass
Ricky Lawson:Drums
数原晋:Trumpet, Flugelhorn
横山均:Trumpet
新井英治:Trombone
岡田澄雄:Bass Trombone
Jake Conception:Alto and Baritone Saxophone
吉永寿:Tenor Saxophone
日野皓正:Cornet (T-4.)
伊東たけし:Alto Saxophone (T-5.)
土方隆行:Guitar (T-4,7.)
Eve:BAckground Vocals

2019年12月22日 (日)

moi/斉藤由貴 (1994年)

斉藤由貴が1994年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
B09900824ea3414cbe562f0d5e4229db_1_201_a Dce3dc47b3544adeb00689c6a7eb2c1b_1_201_a

全11トラック中、バカラック作品は2トラック

1. THE APRIL FOOLS (Japanese Version)  (4:07)
11. THE APRIL FOOLS (Original Version)  (4:07)


斉藤由貴が1994年12月にリリースした11枚目のアルバムです。

18歳でデビュー・シングル「 卒業 」(作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:武部聡志)をリリースしたのが1985年2月21日。6日後にリリースされた菊池桃子の「 卒業-GRADUATION- 」(作詞:秋元康/作曲・編曲:林哲司)とどちらが好きか友人と論争?したのは懐かしい思い出です。チャート(オリコン週間チャート最高位:由貴版6位、桃子版1位)はともかく、私は断然由貴派でした。アイドルとしてどうこうではなく純粋にいい曲だなぁと。でもまぁ殆どの人がそう感じたんじゃないですかね。後年カヴァーされた回数の多さ(由貴版が圧倒している)がそれを物語ってます。

Bd7677e6f7c94752b71fee2716ae4630_1_201_a
閑話休題、本作は1985年以来約10年ぶりとなる筒美京平提供曲(作詞は彼女自身)5曲と洋楽カヴァー6曲で構成されています。『 moi 』は “モア” と読んでフランス語で “わたし” という意味。タイトル通りとてもパーソナルな感触のアルバムです。

んで、洋楽カヴァーの一つがバカラック・カヴァーの「 エイプリル・フール 」。洋楽カヴァーのうちこの曲だけはOriginal Version(T-11.)と彼女の訳詩によるJapanese Version(T-1.)、2つのバージョンを歌っています。Original Versionはシンセポップ的なアレンジで女性バックコーラスや彼女の声にもエフェクトが強めにかかってます。片やJapanese Version。テンポや譜割りこそOriginal Versionと同じですが、背景のPad以外はベースやリズムその他全部音を削ぎ落として新たにピアノとシンセストリングスを加えたシンプルなアレンジ。バックコーラスもなく声にかかるエフェクトも弱め。英語詞の意味をちゃんと表現した訳詞になってることもあって思いが伝わってきます。好カヴァーだと思います。

先週聴いたYammy*さんのライブ『 Yammy* sings Burt Bacharach 』(レポはこちら)で、Yammy*さんが「 エイプリル・フール 」の2コーラス目で歌っておられた日本語詞が斉藤由貴によるものだったと知り、さっそくAmazonでポチッとして数日前に届いたCDをじっくり聴いた次第。斉藤由貴のJapanese Version自体は以前Shoppgirlさんのブログ(My Willful Dialy)で聴いてはいたのですが、パソコンでさらっと聴いたためか印象に残らなかったみたいで…。全くもって不覚でした。

ネットでの情報によれば、斉藤由貴が「 エイプリル・フール 」をカヴァーしたのは、高橋幸宏のカヴァー(1983年のアルバム『 薔薇色の明日 』収録)を聴いたからだそう。この曲は元々1969年の映画『 The April Fools(幸せはパリで) 』の主題歌としてディオンヌ・ワーウィックが歌ったのがオリジナル。高橋幸宏は高校時代にその映画をリアルタイムで観て感動し、いつかカヴァーしたいと思っていたんですね。高橋幸宏 〜 斉藤由貴 〜 Yammy*さん…

50年 時空を超えた 繋がりに 思いを馳せる 冬至かな

語彙力が…(^^;)


【データ】
『 moi 』(モア)
斉藤由貴

CD:1994年12月7日リリース
レーベル:PONNY CANYON
番号:PCCA-00701

Producer:KAZ NAGAOKA
Arrangers:上杉洋史(T-1,2,4,5,7,9,10,11)、澤近泰輔(T-3,6,8)

2019年12月16日 (月)

ライブの感想 Yammy* sings Burt Bacharach Dec. 15, 2019

10年目の『 Yammy* sings Burt Bacharach 』

2019年12月15日(日) 18:00開場 19:00開演
Restaurant Bar & New York Sound Live ROYAL HORSE
Yammy*(Vo)、Sasapong(P)、堂地誠人(Soprano Sax)

(画像は全てクリックすると大きくなります)
06a725a95c2044f89a80898ff4d93670 52e0856083104070a76e7149912da704_1_201_a 3e30b48bcc574272a9b650c475c02b41_1_201_a

Yammy* sings Burt Bacharach(以降 YsBB)参戦前にグランフロント大阪に寄って腹ごしらえ。ついでにグランフロントにあるクリスマスツリーを見てきました。今年のツリーは “Brilliant Tree” がテーマ。メインのツリーよりも周りの装飾に目がいっちゃいました。時間帯によって照明の色が変わるらしいのですがそれは拝めずちと残念。いやいや、そんなことよりYsBBだっ!

一旦ホテルに荷物を置いてからぶらぶら歩いて約20分、ロイヤルホースに到着しました。

<1st stage> 19:15〜20:05
1. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE 世界は愛を求めている(愛をもとめて)… インスト
2. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU 遥かなる影
3. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN 恋よさようなら
4. ANYONE WHO HAD A HEART 恋するハート
5. ONE LESS BELL TO ANSWER 悲しみは鐘の音とともに
6. THE APRIL FOOLS エイプリル・フール
7. ALFIE アルフィー
8. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD 雨にぬれても
9. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME 愛の思い出(愛のウェイト・リフティング)

<2nd stage> 20:40〜21:30
1. A HOUSE IS NOT A HOME ア・ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム … w/Sasapong
2. I STILL HAVE THAT OTHER GIRL アイ・スティル・ハヴ・ザット・アザー・ガール … w/Sasapong
3. MAKE IT EASY ON YOURSELF 涙でさようなら
4. THE LOOK OF LOVE 恋のおもかげ
5. WALK ON BY ウォーク・オン・バイ
6. ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO) ニューヨーク・シティ・セレナーデ
7. I SAY A LITTLE PRAYER 小さな願い
8. WIVES AND LOVERS 素晴らしき恋人たち

<Encore> 21:32〜21:45
1. クリスマスキャロルの頃には
2. 君のもとへ

YsBBは2010年にスタートして今年で10年目。メンバーはヴォーカルYammy*さん、ピアノSasapongさん、ソプラノサックス堂地誠人さん。Yammy*さんがMCで仰ってました。 ─ いつもの3人、そんな変わってないよね ─   でも変化もあってSasapongさんが広島へ、堂地さんが東京へと活動拠点を移し、本当はもっと回数増やしたいけれど年1回がやっとなんだそうです。
1ff6a62dbc21460c97994f5878c34172 08b28775e02c4cf8bde243b8318ff06c_1_201_a 7b226f51b88341ffa594d329d6d139ea_1_201_a  

3枚目の画像はYammy*さん自筆!の今回のセットリスト。Yammy*さんのプロデューサー、廣瀬さんからライブ後にコピーをいただきました。貴重なものを、大変ありがとうございました。

ライブ前に時計の針を戻します。19:15頃、Sasapongさんと堂地さんが登場してゆったりしたワルツの1-1.「 世界は愛を求めている 」を奏でます。てっきりイントロだと思ったのですが、堂地さんがメロディをフルサイズで吹いてそのままエンディング。そして2曲めのイントロになってYammy*さんが登場。この1-2.「 遥かなる影 」、基本はカーペンターズ 版ベースのアレンジですが、イントロとエンディングはバカラック版のアレンジ。バカラックファンとして思わずむふふっとなりました。1-3.「 恋よさようなら 」が手拍子で盛り上がった後、1-4.「 恋するハート 」、1-5.「 悲しみは鐘の音とともに 」、1-6.「 エイプリル・フール 」、1-7.「 アルフィー 」の4曲はいずれもしっとりした曲調で。一転、─ 明るい曲をポンポンやって1st stage終わりますよ! ─ と、1-8.「 雨にぬれても 」、1-9.「 愛の思い出(愛のウェイト・リフティング) 」と賑やかな曲を2曲歌って休憩へ。

※ Yammy*さん、MCでこのへんてこりんな邦題を話題にしてましたね。参考記事 → こちら

Yammy*さん、グッド・コンディションだったようで声の張り、伸び、繊細な表現、全て素晴らしかったです。特に1st stageは抜群だったと思います。

2nd stageはSasapongさんのピアノのみをバックに2-1.「 ア・ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム 」を歌唱。コステロとバカラックのコラボ曲2-2.「 アイ・スティル・ハヴ・ザット・アザー・ガール 」も同様。2-3.「 涙でさようなら 」から堂地さん再登場。2-4.「 恋のおもかげ 」、2-5.「 ウォーク・オン・バイ 」、2-6.「 ニューヨーク・シティ・セレナーデ 」の3曲はいずれも最初スローに/途中からハネるリズムというアレンジで、シャカシャカ(楽器名知らない--;)を振るYammy*さんも楽しそう。2-7.「 小さな願い 」も最初はジャジーで途中からアップテンポに。ラストは2-8.「 素晴らしき恋人たち 」。本来はジャズ・ワルツのこの曲を4拍子で。Yammy*さんは小さなタンバリンを腰で鳴らしお客さんも手拍子、ノリノリで本編終了!

アンコールは、この時期にちなみ何かクリスマス曲をということで「 クリスマスキャロルの頃には 」。そしてYammy*さん自作の名曲「 君のもとへ 」でお開きとなりました。

過去私が聴いたYsBBは4回(2013年12月2014年3月東京2015年12月2018年12月)。実はライブ前日、復習を兼ねてそれら4回のブログ記事をもとにセットリストと演奏順(1st/2nd通し)を整理しまして。それがこの表です。但し、最右列ピンクと下部2行はライブ後に追記したものです。
7ec5007d468f4c97a97ae751d67f5d49

毎回やってる鉄板曲は9曲なんだぁ…とか、演奏順けっこう変わってるなぁ…とか、表を眺めてるとなかなか楽しい。それで、今回のセットリストの1曲目とラスト曲を大胆にも予想。これまで1曲目は鉄板曲且つ毎回変えてるという傾向を掴み、鉄板曲のうちまだ1曲目を歌ってない5曲から「 遥かなる影 」をチョイス。ラスト曲は、直近2回の傾向から私にとってYsBB初めての曲ではないかと考え、リストにない曲の中から是非聴きたいと思っていた「 エイプリル・フール 」をチョイスしました。結果は…。1曲目はインスト曲をカウントしないという条件付きで正解! ラスト曲は外れでした〜。

まぁこんな風に聴く方は気楽なもんですが、Yammy*さんはセットリスト決めるの迷ったとMCで仰ってました。1回目から保管してるセットリスト全て見返して正の字でカウント。結果は、皆勤賞の曲が半分で残りが半分だったそう。今回はそれぞれから選出して決めていったんだとか。そのセットリスト、全部欲しい〜。

ちなみに、今回のセットリストのうち私にとって初のYsBB曲は1-6.「 エイプリル・フール 」と2-3.「 涙でさようなら 」の2曲。Yammy*さんはどちらも過去1回ずつ歌ったことあると仰ってましたけれど。そしてそして、この「 エイプリル・フール 」がとっても良かった〜。1コーラス目はピアノのみをバックにテンポ揺れながら。ハイトーンも裏声ではなく地声でとにかく綺麗な歌声にうっとり。サックスも加わった2コーラス目はなんと日本語詞で歌唱。日本語で歌うことによりこの曲の世界観がより理解できますし、Yammy*さんの深く柔らかな歌声も雰囲気にマッチしていてこれまた魅了されました。ライブ後Yammy*さんに伺ったところ、斉藤由貴さんが自身で詞を日本語に訳してカヴァーしたバージョンがあり、その歌詞だそう(収録アルバム『 moi 』)。聴きたいと思っていた曲でもあり、個人的には今回一番のレコメンドです。

来年はYsBB10周年。今から楽しみです。仕事休めますように(笑)

赤字:2019/12/31 追記

2019年12月 8日 (日)

Royal Straight Soul Ⅲ Vol.2/V.A. (1992年)

名曲達を女性シンガー達がレゲエ(ラバーズ・ロック)でカヴァーしたオムニバス集。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
52381fa76a2548b39d347d634ee3be1c_1_201_a 9b4cc612f8224f75974fe1cee4a366f4_1_201_a

全11トラック中、バカラック作品は1トラック

11. I SAY A LITTLE PRAYER (4:20)  〜 浜口 司 〜


名曲達を女性シンガー達がレゲエ(ラバーズ・ロック)でカヴァーした1992年リリースのオムニバス集です。

本来であれば'70年の某バカラック・カヴァー・アルバムを紹介するはずだったのですが、Discogsで注文して3週間経ってもカナダからLP届かず…。ネタなくてどーしよう…となり今回急遽取り上げることにしました。実は私レゲエ系の音楽が苦手でして。二十数年前に購入したのですがお目当てのバカラック・カヴァー以外は殆ど聴いておらず、紹介する気になかなかなれなかったんですよねー。

─ 様々なプレイヤーが火花を散らしたスーパー・セッション・アルバムである第1弾『 ロイヤル・ストレート・ソウル 』、世代の違うボーカリストたちとサウンド・プロデューサーたちによるサマー・ソング集の第2弾『 ロイヤル・ストレート・ソウル Ⅱ 』。そして、今回の第3弾は、音楽、そのものが、まさに“個性”だった時代('60年代〜'70年代)の名曲の数々を、お洒落なレゲエ・ナンバー(ラバーズ・ロック)に料理している。(中略) 今回の『 ロイヤル〜 』は、豪華なシンガーたち、ミュージシャンたちによる"ラバーズ・ミュージシャン”入魂の2枚組大作だ。このセッションを通じて、それぞれのシンガーたちは、一まわり、二まわりも成長し、それを自分たちのオリジナル・アルバムに生かすのだ。 ─ (ライナーより:音楽雑誌“ADLIB”編集長 松下佳男氏)

本作はシリーズ第3弾(2枚組)の2枚目。全曲通して聴くのは今日が初めて。取り上げたのは、プリンス、レオン・ラッセル、マーヴィン・ゲイ、ビートルズ、ボブ・ディラン、マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパーなど'60年代〜'80年代の11曲。ただレゲエのリズムに乗せただけの安直なカヴァーではなく、ラバーズ・ロックを基調としつつも曲ごとにバリエーションに富んだアレンジが施されています。これなら聴けるぞ。なんだ、食わず嫌いだっただけかぁ。

女性シンガーはトラック順に、金子マリ、坪倉唯子、大黒摩季、川島だりあ(Duet with Marcy)、宇徳敬子、瀬木佑未子、牧穂エミ、坂井泉水、大森絹子、井上留美子、浜口 司 の11人。殆どはビーイング所属もしくはビーイング系。金子マリ(リリース時37歳)以外は20代。ビッグネームもいれば全く知らない人もいます。ライナーの裏表紙に名前入りで写真がありましたので帯と共に置いておきます。文字小さいしローマ字なので読みづらいですけど。
54007aa62722438f8ddc8d1ddf76d9f9_1_201_a 83db70d936ea47cc919abbcc997847b8_1_201_a

んで、空色の枠で囲ってるのがバカラック・カヴァーのT-11.「 小さな願い 」を歌ってる浜口 司。1991年結成の女性2人組グループ、KIX-Sのメンバーでボーカルと作詞を担当していたお方。1971年生まれでリリース時は21歳。リズムは当然レゲエで、アレンジのベースはディオンヌ版ではなくアレサ版。浜口 司の歌唱はソウルフルで、特にサビの部分はパワフルでいい感じです。「 小さな願い 」で特徴的な2拍子や3拍子といった変拍子部分は全て4拍子になっていて、そこは同じレゲエ・アレンジの1997年ダイアナ・キング版と比べるとちょっと安直かなぁ。でもまぁ1992年当時としては斬新なカヴァーだったと思いますね。

他には、金子マリの貫禄あるヴォーカルが素晴らしいT-1.「 ビートに抱かれて 」、セクシーな歌声が魅力的な大黒摩季のT-3.「 マーシー・マーシー・ミー 」、クールなアレンジが素敵な坂井泉水のT-8.「 マスカレード 」あたりが私のレコメンドです。


【データ】
『 Royal Straight Soul Ⅲ Red Lovers Vol.2』
V.A.

CD:1992年7月22日リリース (所有CDは、1993年11月21日リリースのリイシュー盤)
レーベル:BMGビクター (所有CDは、BMGルームス)
番号:BVCR-2537 (所有CDは、BMCR-6202)

Directed by Masao Nakajima(M-Factory), Hisashi Komatsu(M-Factory),Hiroshi Terao(M-Factory),Ryoichi Terashima(M-Factory),Chie Yamamoto(M-Factory),Koji Okuda(M-Factory)
All Songs Arranged by Koji "Kitaroh" Nakamura
Superviser:Yoshio Matsushita([ADLIB])
Executive Producer:Daikoh Nagato(Being)
T-11.「 I SAY A LITTLE PRAYER 」
  Vocal:浜口 司
  Drums:秋山“ジーノ”浩一
  Bass:中村“キタロウ”幸司
  Guitar:鳴海寛
  Keyboard:柿崎洋一郎
  Percussion:MAC清水
  Chorus:AMAZONS

2019年12月 1日 (日)

The Baroque Brass/The Baroque Brass (1968年)

バロックにラテンジャズやブラスロックの要素も加わったブラス・インスト集です。バカラック・カヴァーを3曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Ca5fda944e494f1ea68ffc108b6cd347_1_201_a 22245e0226cf46438ba614f74031012d_1_201_a

全12トラック中、バカラック作品は3トラック

B2. WIVES AND LOVERS (2:19)
B4. WALK ON BY (2:58)
B6. TRAINS AND BOATS AND PLANES (3:03)


バロックにラテンジャズやブラスロックの要素も加わったブラス・インスト集です。

─ ブラス <コルネット、トランペット、トロンボーン、ピッコロトランペット、ユーフォニアム、サックバット、フリューゲルホーン> は、ピート・スミスによって非常に珍しい巧妙な方法でアレンジされました。取り上げた曲は、レノン=マッカートニーの「 デイ・トリッパー 」から、プロコル・ハルムの「 青い影 」、バート・バカラックの「 ウォーク・オン・バイ 」「 汽車と船と飛行機と 」まで。彼はクラシックを勉強した人ですが、時折完全にポップになったりクラシカルなスタイルに戻ったりします。そして、どの曲もスウィングしています。 ─ (Jack Baverstock、ライナーノーツより私の超意訳で)

中古で手に入れて最初に針を落とす前までは金管五重奏か金管八重奏だと思っていたんですよ。でも聴いてビックリ、ブラス(前述の楽器に加えてホルンやチューバも)に加えてピアノ、ハープシコード、ベース、ヴィブラフォン、パーカッション等が聴こえてきます。一つの曲の中で、本当に様々なスタイルの演奏をしています。

61232f6021b1499fbaf71fc082e38ce5_1_201_a 5edcd77f208a492d885af4a2f416cf6f_1_201_a
12曲のうちバカラック・カヴァーは3曲。B2.「 素晴らしき恋人たち 」は、ピアノのブロック奏 → 金管マーチングバンド風 → ハープシコードのアルペジオでバロック調 → 再び金管マーチングバンド風 → ヴィブラフォンでジャズ → クラシカルな金管アンサンブル → ブラスロック → ハープシコードでバロック調という風に目まぐるしく曲調が変化。3曲の中ではこれが最も凝ったアレンジです。

B4.「 ウォーク・オン・バイ 」はハープシコードによるバロック調、ラテンジャズ風ブラスサウンド、クラシカルな金管アンサンブルなどが混在。B6.「 汽車と船と飛行機と 」ではラテンジャス風ブラスサウンド、ブラスロック、クラシカルな金管アンサンブルが混在。いずれもなかなかユニークなアレンジです。

ビートルズのカヴァーなどもアレンジのコンセプトは同じなのですが、出来としてはバカラックのB2.が一番だと思いました。残念なのは全体的に録音がイマイチ(いやイマニかな)で音が割れる点。生で聴いたらのけぞるようなダイナミックなサウンドだと思うのですが、どうにも勿体ないです。リマスターしてCD化してくれたら…って思っちゃいました。

本記事では便宜上The Baroque Brass名義としましたが、そもそもアーティスト名義がないんですよね。編成や奏者のクレジットも全くないし。ジャケットもぱっと見はバロック=クラシックですが、よーく見ると3人とも女性じゃないですか…とても楽器など吹けそーにない…。ジャンルはやっぱりイージーリスニングって事になりますかね^^;


【データ】
『 The Baroque Brass 』
The Baroque Brass

LP:1968年リリース
レーベル:Fontana
番号:LPS 16250

Musical Director:Pete Smith
Production:Irving Martin
Recording Engineer:Peter Olliff

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック