« The Vi Velasco Album/Vi Velasco (1965年) | トップページ | Raindrops Keep Fallin' On My Head/Mel Tormé (1970年) »

2020年6月 7日 (日)

Warm & Wild/Sandra Alexandra (1968年)

米女性R&Bシンガー、サンドラ・アレキサンドラの1stアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
5d7f6231e3b74f2fbf1d2b49364b1192_1_201_a 4d200bd4a23e4cfea349dc479d049f12_1_201_a

全11トラック中、バカラック作品は1トラック

A3. I SAY A LITTLE PRAYER (3:09)

-----
先週の日曜5/31深夜(6/1早朝)のTBSラジオ『 オーディナリーミュージック 』がオール・バカラック・プログラムでして。しかも…

─ '80年代以降の曲を中心に、バカラックAOR時代と言いますか、なんとなくクリスタルな世界観と言いますか、いわゆるベスト盤にはなかなか入ってこない曲も多いかと思いますがそれでもすごくいい曲ばかりだぞ、というのをお送りしたいと思います。(略)最後の「 アルフィー 」は、なんだかんだで僕すごく一番好きな曲なので入れさせていただきました。 ─ (ナビゲーター&選曲:ヨシザワ"MAURICE"マサトモ 〜 YOUR SONG IS GOOD)

というセレクション。こんな切り口のプログラムはそうそう聴けるもんじゃありません。折角なのでオンエア曲一覧を記しておきます。大ヒットしたM5〜7.以外はなんともマニアック。リンクは収録アルバムの過去紹介記事に繋がってますんでよろしかったら是非! あっ、今日いっぱいはradikoで聴けまっせ!

M1. STRONGER THAN BEFORE  〜 Carole Bayer Sager 〜 (1981)
M2. LOVE ALWAYS  〜 El DeBarge 〜 (1986)
M3. ME BESIDE YOU  〜 Neil Diamond  〜 (1986)
M4. IN MY REALITY  〜 Natalie Cole 〜 (1987)
M5. THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR  〜 Dionne Warwick & Friends 〜 (1985)
M6. ON MY OWN  〜 Patti LaBelle & Michael McDonald 〜 (1986)
M7. ARTHUR'S THEME  〜 Christopher Cross 〜 (1981)
M8. THE LOVE TOO GOOD TO LAST  〜 Pointer Sisters 〜 (1980)
M9. DON'T SAY GOODBYE GIRL  〜 Tevin Campbell 〜 (1993)
M10. TWO HEART  〜 Earth Wind & Fire 〜 (1993)
M11. ALFIE  〜 Rumer 〜 (2010)
-----

さて、今回ご紹介するのは…
米女性R&Bシンガー、サンドラ・アレキサンドラが1968年にリリースした1stアルバムです。

サンドラはカリフォルニア州オークランド生まれ(生年不詳)。翌1969年に2ndアルバムを出した後、1970年にはなんと日本で『 サンドラと12人の侍たち 』をリリース。これは川口真、浜口庫之助、筒美京平、中村八大といった当時の歌謡界を代表するヒットメイカー12人の楽曲を歌った日本独自企画盤だそう。1974年には映画『 Street Sister 』にも女優として出演しているみたい。21世紀になり本名のCissandra Durkin名義で2002年、2014年にアルバムをリリース。ジャズシンガー/ピアニストとして現在でも活動中のようです。

─ サンドラ・アレキサンドラの感動的なスタイルは、ブルース、ポップ、クラシックのブレンドにあります。彼女の驚くべき声質は、彼女が豊富に持っている音楽的特質の1つにすぎません。彼女は素晴らしいミュージシャンであり、ソングライターでもあります。彼女の音楽性は17年間弾いたクラシックピアノに基づいています。しかし彼女はクラシック縛りから脱却し、R&B、ポップ、ジャズまで音楽の範囲を広げました。本作ではローラ・ニーロの「 ウェディング・ベル・ブルース 」、アレサ・フランクリンの「 小さな願い 」、グレン・キャンベルの「 恋はフェニックス 」等をドラマティックでパーソナライズしたスタイルでカヴァー。すべて自分のものにしています。 ─ (ライナーノーツを要約、あるでおの超意訳で)

2f47ba5b285e42d281e61e3203e68995_1_201_a 45f78f2b6f634389a3dc342077a006d6_1_201_a
前述の他にもサム&デイヴのA4.「 ホールド・オン 」、ダスティ・スプリングフィールドのB4.「 ジャスト・ア・リトル・ラヴィン 」などソウル〜ポップの有名曲をチョイス。アレンジとバックの演奏もチャレンジングで、サンドラの鼻にかかった歌声と相まって独特の雰囲気が漂います。

んで、バカラック・カヴァーのA3.「 小さな願い 」なんですが、これが超ユニーク。ピアノソロによるゆったりめのイントロ(元ネタはディオンヌ版)の後、Aメロは♩≒62という超スローテンポになりドラムスのブラシワーク、ギター、フルートと吐息まじりの歌声に悩殺されます。サビは一転、♩≒134でバックの演奏も含めてアレサ版の雰囲気に。ただし、このサビ部分は女性バックコーラスに任せきりでアレサのようにサンドラがシャウトすることはありません。2コーラスめも1コーラス目と同様の展開。エンディングのAメロはまたスローテンポになり、フェードアウトせずスッと終止形で終わります。私もこれまで「 小さな願い 」の様々なカヴァーを聴いてきましたが、こんなアレンジは他にないんじゃないですかねぇ。

YouTubeに本アルバムがFullでアップされています。A3.「 小さな願い 」は4:34〜です。
興味がありましたら是非!


さて、ここからはオマケ。スローテンポな「 小さな願い 」ってどんなのがあったっけ?
①歌モノ、②テンポ♩<90、を条件に所有音源をチェックしたところ、
全編スローなもの、1コーラス目だけスローで2コーラス目からテンポアップするもの、2種類見つかりました。
前者で見つかったのがValerie Joyce。2007年にカヴァー。テンポは♩≒82ですから超スローってところまではいかないですが、全編ずっとこのテンポは聴いてて結構ダレる(笑)。
後者は2曲見つけました。まずSilvana Stievano。2008年のカヴァーで、1コーラス目がスロー(♩≒74)で2コーラス目以降少しテンポアップ(♩≒92)。軽いボサノヴァで涼しげなカヴァーです。
E842f6e523ed4318aac9ed0208c8eb93
Kirk Detweilerという男性シンガーが2000年(MP3のみリリース)のアルバム『 Random White Boy 』で「 小さな願い 」(3:59)をカヴァーしていますが、これも
後者の仲間。1コーラス目とエンディングが超スロー(♩≒68)で2コーラス目が倍テンポ(♩≒138)というもの。
…というわけで、“Aメロがスローでサビがテンポアップする”サンドラのアレンジは唯一無二のようですねぇ〜。


【データ】
『 Warm & Wild 』
Sandra Alexandra

LP:1968年リリース
レーベル:UNI Records (US)
番号:73039

Produced by Calvin Carter
Arranged by Arthur Wright

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

« The Vi Velasco Album/Vi Velasco (1965年) | トップページ | Raindrops Keep Fallin' On My Head/Mel Tormé (1970年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Vi Velasco Album/Vi Velasco (1965年) | トップページ | Raindrops Keep Fallin' On My Head/Mel Tormé (1970年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック