« Warm & Wild/Sandra Alexandra (1968年) | トップページ | LONDON LIFE/Anita Harris (1965年) »

2020年6月14日 (日)

Raindrops Keep Fallin' On My Head/Mel Tormé (1970年)

米男性ジャズシンガーのメル・トーメが1970年にリリースしたアルバムです。アルバムタイトルのバカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
08d96748c3954202a77c67329dbabba1_1_201_a Df177b889d3e44e9a3170fc40bbd9399_1_201_a

全10トラック中、バカラック作品は1トラック

B4. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD (2:19)

-----
6月12日、バカラックがダニエル・タシアンとコラボしてシングルをリリースしました。
「 BELLS OF ST. AUGUSTINE 」/Burt Bacharach & Daniel Tashian


2人は7月31日に5曲入りEP(ミニアルバム)『 Blue Umbrella 』をリリースする予定で、その先行シングルとのこと。
LAタイムズの記事(2020/6/11)
MusicRow Magazineの記事(2020/6/13)

EPリリース時に改めて取り上げます〜。
-----

さて、今回ご紹介するのは…
米男性ジャズシンガーのメル・トーメが1970年にリリースしたアルバムです。

メル・トーメは1925年シカゴ生まれのロシア系ユダヤ人(1999年没/享年73歳)。バカラックの3歳上ですね。今回記事を書くにあたりネットで調べて初めてジャズシンガーだと知りました。大御所歌手だとは知ってましたが
アンディ・ウィリアムス、トニー・ベネット、ペリー・コモ等とはちょっとジャンルが違うんですねー、思いっきり認識違ってました…--;。

E5c0877d60344c8d9b50ef1c6dbdd238_1_201_a 37f45382cd8243d2883cac74490df5fb_1_201_a
1969年にヒットした曲を中心にポップ/R&B/ロックの曲をチョイス。所謂ジャズ・スタンダードの曲はありません。バックの演奏は基本ビッグバンドですが、エレキギター、エレピ、オルガン、フルートなども駆使して曲に合わせてうまくアレンジ。メル・トーメは甘いソフトな歌声で余裕の歌唱を聴かせます。

バカラック・カヴァーはアルバムタイトルにもなっているB4.「 雨にぬれても 」。まだB.J.トーマス版がヒットチャートを駆け上がってる1969年12月にレコーディング。キャピトル仕事早っ!

─ メル・トーメは、20世紀半ばの最高の作家が生み出した曲に身を包み、ポップでフレッシュなサウンドを取り入れている。例えばバート・バカラックとハル・デイヴィッドが作った「 雨にぬれても 」に、メル・トーメは甘い歌唱スタイルと、クールでいて「 雨なんかへっちゃらさ。心配ないよ 」とゆー呑気なイメージをもたらせた。 ─
 (ライナーノーツより抜粋。あるでおによる超意訳で)

B.J.トーマスのオリジナルとは明らかにテイストが異なります。まずリズム。オリジナルの跳ねるようなシャッフルのリズムじゃなくて8ビートなんですね、これが。ライナーノーツにあった“クールで呑気なイメージ”はこのリズムのおかげかと。テンポがオリジナル(♩≒108)より遅く(♩≒96)、キーが二度低いことも要因でしょうが。独自フレーズのイントロ、洒脱なオブリガート、控えめだけど分厚いブラス、独自のアウトロ、そしてフェードアウトせず終止形で気持ちよく終わります。やっぱり大御所には有能なアレンジャーがつくんだなぁと改めて思いました。

このメル・トーメ版「 雨にぬれても 」の個人的なツボはイントロ。いろんなバージョンの「 雨にぬれても 」約200曲をチェックしたところ、イントロは約3割がオリジナルのイントロを引用(A)、約1割がサビ後のフレーズを引用(B)、約1割が曲中のその他のフレーズを引用し、残り約5割が独自のフレーズでした。メル・トーメ版イントロは独自フレーズ物で、スネアが2拍叩いたあとエレピによる2小節の独自フレーズ2回繰り返し。コードは全てオリジナル・キー(in F)に揃えました。
Df87b15f450a4553b78e4d65eb3d2ffc_1_201_a
Ac2875174b2c4731bf25ebff586beeae_1_201_a

このイントロの何が
ツボなのかというと、私がバカラックを知ったきっかけのアルバム:航空自衛隊航空音楽隊の『 ダイナミック・マーチ・イン・バカラック 』(1972年リリース)に収録されてる「 雨にぬれても 」のイントロにそっくりなんです。偶然とは思えません。『 ダイナミック〜 』の編曲者:故岩井直溥さんは当時本アルバムを聴いたに違いない! あの世で岩井さんに会ったら訊いてみようっと。

他の曲では、リリカルで心地よいClassics IVのカヴァーA2.「 TRACES 」、Blood, Sweat & TearsのオリジナルよりスローでブルージーなA5.「 スピニング・ホイール 」あたりがレコメンドです。


【データ】
『 Raindrops Keep Fallin' On My Head 』
Mel Tormé

LP:1970年リリース
レーベル:Capitol
番号:ST-80430 (所有LPは、同年リイシュー盤のST-430)

Produced by David Cavanaugh
Arranged and Conducted by Jimmy Jones
Recorded:December 1-23, 1969

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

« Warm & Wild/Sandra Alexandra (1968年) | トップページ | LONDON LIFE/Anita Harris (1965年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Warm & Wild/Sandra Alexandra (1968年) | トップページ | LONDON LIFE/Anita Harris (1965年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック