« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

After All/Paul Anka (1995年)

ポール・アンカが1995年にリリースしたアルバムです。バカラックと共作した新曲を2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
B247aae5c5d3477fa1eca71ab6b20cd6_1_201_a Bdaa4ec5667b4555b0cad3400181e4a5_1_201_a

全11トラック中、バカラック作品は2トラック

10. RAINBOW (3:08)
11. AFTER ALL (3:12)


ポール・アンカが1995年にリリースしたアルバムです。

ポール・アンカは1941年カナダのオタワ生まれ。1957年に自作曲「 ダイアナ 」が全米チャート1位に。ソングライターとしてもトムジョーンズに「 シーズ・ア・レディ 」、英語詞を書いてフランク・シナトラに「 マイ・ウェイ 」を提供。1939年生まれのニール・セダカや1934年生まれのデル・シャノンと共に、ポップス草創期を代表するシンガーソングライターなんですと。

本作『 After All 』はドイツポリドールからのリリースで、全11曲を収録。クレジットによれば、60年代ヒットソングのカヴァーや自作曲のリメイクの8曲(T-1〜8.)は1994年LAスタジオで録音と記載されています。でも、ポール・アンカ公式サイトやWikipediaのスタジオ録音アルバムのリストに本作は見当たりません。ん? Discogsには載ってましたがコンピ盤に分類されてました。んん? なんかもやもやするけど、まぁいいや(笑)
Dbaa7c64211849ed9fa398a8b045f3fb_1_201_a
↑ ジャケット開けるとクレジットが載ってます

んで、T-10.「 RAINBOW 」とT-11.「 AFTER ALL 」がバカラックと共作した新曲でございます。これら2曲はDiscogsを検索しても編集元のアルバムやシングルの類いは見つからなかったので、本作が初出なのは間違いないところかと。

2人の共作は1979年のサントラ
『 TOGETHER? 』以来約16年ぶりですが、その時はポール・アンカは作詞のみで歌ってません(バックシンガーは務めましたが)。
一方、ポール・アンカは過去にバカラックの曲をオリジナルシンガーとして歌ったことがあります。1964年1月にリリースしたシングル「 FROM ROCKING HORSE TO ROCKING CHAIR 」がソレなのですが、作詞はハル・デイヴィッドでした。
なので、バカラックと共作した曲をポール・アンカ自身が歌うのは本作が初めてのケースなんですね。

T-10.「 RAINBOW 」は4拍子曲。テンポは♩≒86と速いわけではないけれど、16ビートのリズムが効いて軽快な印象。イントロでトランペットが吹くシンコペーションのメロディ、2拍子や3拍子や5拍子といった変拍子の多用、Aメロの最初4小節のコード進行F-Em-Bm-F(Ⅰ-Ⅶm-Ⅳm-Ⅰ)に見られる長調と短調をさらっと行き来する転調?…。バカラック色かなり強めの楽曲です。ポール・アンカとデュエットしてる女性シンガーは、噂によるとDenise Maynelli DeCaroという方だそうです。

T-11.「 AFTER ALL 」はミディアムテンポ(♩≒84)のバラード曲。AメロとBメロとサビの区別がつかないメロディライン、「 RAINBOW 」ほどではないけれどやっぱり挟んでくる変拍子と不規則な小節数。こちらもバカラックの曲だとはっきりわかります。この曲で一番盛り上がるのが2コーラス目と3コーラス目の間の間奏ってゆーアレンジもね〜…、バカラックらしいといえばらしいです^^;。

ポール・アンカは大袈裟な表現をすることなく曲に合わせた余裕の歌唱で流石と思いますが、曲のヘンテコさに耳がいってしまい歌そのものは印象が薄いんですよね。いや、ポール・アンカは悪くないですよ。バカラックがやり過ぎただけです(苦笑)



【データ】
『 After All 』
Paul Anka

CD:1995年4月リリース
レーベル:Polydor (Germany)
番号:827 430-2

All the Songs:
Produced by the Crew
Coproducer:Burt Bacharach
Production Co-ordinator:Gloria Jewett
Produced and mixed at B&J Studion, Los Angels, California
Produced and mixed by John Arrias, Assistent:Javier Bennassar
T-10.「 RAINBOW 」, T-11.「 AFTER ALL 」
  (Paul Anka / Burt Bacharach)
  Arranged and Produced by Paul Anka and Burt Bacharach

All songs were recorded in 1994(c)
Except for "MY WAY", "RAINBOW" and "AFTER ALL"

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

2020年11月22日 (日)

Love at the Movies/Jane McDonald (2001年)

英国の女性歌手/タレントのジェーン・マクドナルドが2001年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
98a09122d14a433995feead3cf03f873_1_201_a 6eedb22cf0324b85af0fa848d4b9734e_1_201_a

全14トラック中、バカラック作品は2トラック

8. I SAY A LITTLE PRAYER (From 'MY BEST FRIEND'S WEDDING') (3:43)
10. ALFIE (From 'ALFIE') (3:07)


英国の女性歌手/タレントのジェーン・マクドナルドが2001年にリリースしたアルバムです。

1963年4月、英国はイングランドのヨークシャー生まれ(どーでもいいことですが、1964年早生まれの私とは同学年)。Wikiには5つの肩書き(an English easy listening singer, songwriter, media personality, actress and television presenter)が載ってました。1998年頃からBBCなどのTV番組に出演する傍ら、英国をはじめ豪州やニュージーランドをツアーしたりアルバムも多数リリースするなど歌手としてもキャリアを積んできたようです。

3作目となる本アルバムは所謂企画モノ。タイトルの通り、映画で使われた歌のカヴァー集です。ゴージャスなアレンジと演奏、ブリリアントで艶のあるジェーンの歌声、深めのリバーブ…。これらが合わさって、ステージで歌ってるかのような印象を受けます。

バカラック・カヴァーは2曲。
T-8.「 小さな願い 」(1997年の米映画『 ベスト・フレンズ・ウェディング 』から)
T-10.「 アルフィー 」(1966年の英映画『 アルフィー 』から)

T-8.「 小さな願い 」はヒップポップ系アレンジ。オリジネーターであるディオンヌ・ワーウィックが1998年のアルバム『 DIONNE SINGS DIONNE 』でこの曲をヒップポップ系アレンジでリメイクしていますが、それにヒントを得たのかもしれません。でも、(ディオンヌのリメイク版と違って)原曲の特徴である変拍子をキチンと残したり、フェードアウトせず終止形にしてるのは好印象。ジェーンの歌唱自体は印象に残らないですが…。

一方、T-10.「 アルフィー 」はゴージャスな生オケをバックに熱唱。ジェーンの艶やかな歌声はこういう歌い上げる系の曲と相性が良いようです。それは、本アルバムの他の曲なんかを聴いてもそう感じるところです(T-3.「 追憶 」やT-12.「 ANYONE AT ALL 」など)。


ここからはオマケ。MP3で所有しているジェーン・マクドナルドのバカラック・カヴァーをご紹介。
D4c6c0b5f975403cba2c84f1b6e5e76a
まず1998年のデビュー・アルバム『 Jane McDonald 』で「 サンホセへの道 」(3:35) をカヴァー。オリジネーターであるディオンヌ版ベースのアレンジです。イントロの前にある20秒少々の前振り?は謎ですが。
A137a7eccbda4ed3af774da4c9d61168
2005年のアルバム『 You Belong To Me 』では「 愛の思い出(愛のウェイト・リフティング) 」(3:25) をカヴァー。これはUKチャート1位になったサンディ・ショウ版ベースのアレンジ。って言うか、ほぼコピーですね。
Cc865f1dc7e641e6b1b6305431185c72
2010年のアルバム『 Live At The London Palladium 』には「 バート・バカラック・メドレー 」(9:15) を収録。バンド+オケをバックに「 ウォーク・オン・バイ 」「 サンホセへの道 」「 小さな願い 」「
 愛の思い出 」の4曲をメドレーで歌ってます。ステージ上のジェーンは生き生きしてますねー。エキサイトしてシャウトしたり、「 小さな願い 」で何箇所か客席に歌わせたり 、「 愛の思い出 」ではゆったり歌って観客を焦らせた?後にアップテンポで盛り上げたり、エンターテインメントぶりを存分に発揮しています。因みに、「 小さな願い 」はヒップポップ系ではなくオーソドックスなアレンジでした。


【データ】
『 Love at the Movies 』
Jane McDonald

CD:2001年10月15日リリース
レーベル:Universal TV (UK)
番号:014 947-2

Producer:Jane McDonald and Ian Hughes
Music Arranged and Orchestra Conducted by Ian Hughes
Recorded and Mixed at RG Jones Recording Studio, London - May/June 2001


2020年11月15日 (日)

SIMPLY GRAND/Irma Thomas (2008年)

"ニューオーリンズのソウル・クイーン" アーマ・トーマスが2008年にリリースしたアルバムです。バカラックの新曲を1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
89f6b93305d947acaed4e019b7c69396_1_201_a 3fef9cf7ffcd4f3193bc78334fa913fe_1_201_a

全14トラック中、バカラック作品は1トラック

5. WHAT CAN I DO (3:59)


"ニューオーリンズのソウル・クイーン" アーマ・トーマスが2008年にリリースしたアルバムです。

アーマ・トーマスは米国のソウル/R&Bシンガー。1941年ルイジアナ州で生まれ、1959年にロンレーベルより「 DON'T MESS WITH MY MAN 」でレコードデビュー。以後レーベルを転々とするも、1986年にラウンダーレコードと契約してからはコンスタントにアルバムをリリースしていきます。2005年にはハリケーン・カトリーナの状況下でアルバム『 After The Rain 』をリリース。そのアルバムは2006年のグラミー賞でコンテンポラリー・ブルース賞を受賞しました。

本アルバムは『 After The Rain 』の次作にあたります。裏ジャケのアルバム紹介によれば… ─  アーマ・トーマスの音楽の中心には常にピアノがあり、彼女は12人の最高のピアニストと共演しています。グラミー賞を受賞した Soul Queen of New Orleans は、このすべての音響環境よりも優れたサウンドを実現したことはありません。「 COLD RAIN 」の魂を焼く情熱から「 THIS BITTER EARTH 」のほろ苦い親密さまで、アーマの永続的な暖かさと魂のこもったものが優勢であり、ブルースから遠く離れることはありません。多くの新曲(バート・バカラックとスティーブ・クリコリアンの曲を含む)と、これまでに録音されていないドク・ポーマス&ドクター・ジョンの曲が含まれています。  ─ (機械訳です、あしからず)

ピアニストを12人も起用するとはなんて贅沢な! ヘンリー・バトラー (T-1)、ドクター・ジョン (T-2,8)、ジョン・クリアリー (T-3)、トム・マクダーモット (T-4)、デヴィッド・トカノフスキー (T-5,10)、デヴィッド・イーガン (T-6)、ノラ・ジョーンズ (T-7)、エリス・マルサリス (T-9)、ジョン・メデスキ (T-11)、デイブ・クロフォード (T-12)、マーシャ・ボール (T-13)、ランディ・ニューマン (T-14) …。地元を拠点に活動している方が多いようですが、ビッグネームも参加していますねぇ。

バカラックの新曲T-5.「 WHAT CAN I DO 」でピアノを弾いてるのはデヴィッド・トカノフスキー。1956年生まれのピアニスト/バンドリーダーで、アーマのセッションにたくさん参加してきたんだそう。アーマとの2ショット写真もこの曲のクレジットと一緒に載ってました。
365504bd35b244da936f907152ea4819_1_201_a

さて、その「 WHAT CAN I DO 」。プロデューサー氏が書いてるライナーノーツには ─ セッションのわずか1週間前にバート・バカラックとスティーヴ・クリコリアンから届きました。それは classic Bacharach melody です。─ と書いてありました。ん? 共作者のスティーヴ・クリコリアンって誰やねん? 聞いた事ないで? …ネットで調べたら Tonio K.(トニオ・K)の別名でした。近年バカラック爺と度々共作してる方ですね、納得!

「 WHAT CAN I DO 」は8ビートのスローバラード。テンポは♩≒79くらい。本アルバムにはR&B、ソウル、ゴスペル調の曲が多いのですが、ちょっと違う空気感が漂います。シンプルなピアノのイントロに導かれ、全体的にはしっとりとした雰囲気。サビでのアーマの歌唱や中盤ブリッジから間奏あたりのピアノはブルースのフィーリングで熱いですけどね。ちょっと変態チックなメロディとコード進行は間違いなくバカラック印(classicかどうかは微妙なところですが…)。佳曲だと思います。

アルバム自体は全体的にクォリティが高く、じっくり聴いても良いしBGMにしても心地良いですね。


ここからはオマケ。
実はアーマ・トーマス、若い頃にもバカラックの新曲を歌ってました。「 LIVE AGAIN(リヴ・アゲイン)」という曲で、1965年1月にレコーディングしています。でも、当時はリリースされませんでした。また、新曲じゃなくカヴァーですが同年8月には「 LONG AFTER TONIGHT IS ALL OVER(ロング・アフター・トゥナイト)」もレコーディング。ところがこの曲もお蔵入りに…。それから27年経った1992年、EMI から出たベスト盤『 "Time Is On My Side" The Best Of Irma Thomas, Volume 1 』(画像)にめでたく2曲とも収録されました。良かったね、パチパチ。
333a2e453d2548b2bf8cdf0436d40718
尚、これら2曲は拙ブログで過去に紹介したコンピ集に入ってます。前者が入ってるのは『 Burt Bacharach MASTERPIECE Vol.3 』、私も少しばかりコメントしています。後者は『 Burt Bacharach MASTERPIECE Vol.2 』です。ご参考まで…


【データ】
『 SIMPLY GRAND 』
Irma Thomas

CD:2008年8月12日リリース
レーベル:Rounder Records (US)
番号:11661-2202-2

Produced by Scott Billington
Piano - Henry Butler (T-1), Dr. John (T-2,8), Tom McDermott (T-4), Dave Torkanowsky (T-5,10), Norah Jones (T-7), Ellis Marsalis (T-9), John Medeski (T-11), Marcia Ball (T-13), Randy Newman (T-14)
Piano, Percussion, Backing Vocals - Jon Cleary (T-3)
Piano, Backing Vocals - David Egan (T-6), Davell Crawford (T-12)
…ピアノ以外のミュージシャンは割愛します、あしからず
T-5.「 WHAT CAN I DO 」
  Written by Burt Bacharach, Steve Krikorian (Tonio K.)
  この曲の詳細クレジットは先ほどの2ショット写真を参照ください


2020年11月 1日 (日)

Yammy* sings Burt Bacharach/Yammy* (2020年)

Yammy*さんのバカラック・カヴァー・アルバムです。本日(2020年11月1日)リリースされました!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
A30416ece5cb4c32acc2315ad43e5178_1_201_a De929bbf3f14478a9d07aa6f105beda4_1_201_a

1. ALFIE
2. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU

3. ONE LESS BELL TO ANSWER
4. THE LOOK OF LOVE
5. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
6. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU
7. GOD GIVE ME STRENGTH
8. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
9. WALK ON BY
10. A HOUSE IS NOT A HOME

収録時間約44分


前回記事で告知したYammy*さんのバカラック・カヴァー・アルバムです。本日(2020年11月1日)リリースされました!


Yammy*さんは福島県白河市出身、京都在住のオーガニックシンガーソングライター(Facebookではそう紹介されています。一方でYammy*さんのOfficial Web Siteではそういった紹介はされてないんですょ。ちょっと謎です…)。詳細なプロフィールはOfficial Web Siteの[BIO]を参照ください。

Yammy* sings Burt Bacharach(以降 YsBB)はバート・バカラックが作曲した曲だけを歌うライヴ。年末に大阪のライヴレストランバー “ロイヤルホース” で行うのが恒例となっており、2010年にスタートして今年が10周年になります。これまでに私は計5回、拙ブログでライヴの感想を記事にしています。(以下クリックすると各記事に飛びます〜)
2013年12月
2014年3月
2015年12月
2018年12月
2019年12月
─  いつかYsBBのCD出して欲しいです!!  ─  と書いたのは2014年3月、東京初公演(大塚)のとき…。待ちに待ったCD化が10周年という節目の年に実現して本当に嬉しいです。

気心の知れたYsBBのいつものメンバー3名(ヴォーカル:Yammy*、ピアノ:Sasapong、ソプラノサックス:堂地誠人)により全10曲がレコーディングされました。YsBBでは毎回いつも15~16曲のバカラック曲を取り上げていて、これまで私が聴いた5回だけでもレパートリーは25曲に上ります。
96605aee5ca9428eabaa9d506c1d2183
レコーディングにあたって、レパートリーの中からとりわけ今歌いたい曲を10曲選んだそうです。有名曲から知る人ぞ知る渋い曲までバランスの取れた選曲だと思います。


アルバムを聴くと、YsBBでのパフォーマンスが鮮やかに蘇ります。
ジャジーなバラードからシャッフル、スウィング、ボサノヴァまで曲調は幅広く、リズム隊(ドラムス、ベース)がいないことも気になりません。メリハリの効いたピアノ、ふんわりしたソプラノサックス、そして何よりYammy*さんの表現力豊かなヴォーカル。大人の味わいです。
個人的には、LPであればB面にあたるT-6〜10がレコメンド。アルバム中2曲しかないワルツのT-7.「 ゴッド・ギヴ・ミー・ストレングス 」とT-8.「 世界は愛を求めている 」を挟んだ曲順を含め5曲の曲想の違いがくっきりしていることもあり、それぞれの曲でYammy*さんの歌が心に染みて多幸感を感じました。

国内はもとより、世界的にみてもピアノとソプラノサックスのみをバックに歌ったバカラック集というのは例がありません。Yammy*さんの骨太でいてファニーな独特の歌声とともに存在感のあるバカラック・カヴァー集だと思います。

尚、リリース記念ライヴの模様がYouTubeにUPされています(10/31 21:00〜配信されたライヴ動画の完全版)。こちらも是非ご覧ください。
Yammy* sings Burt Bacharach World Premiere
URL: https://youtu.be/WUyRpXSKpUs

実は、光栄なことに今回ライナーノーツを担当させていただきました。バカラック・ファンはマニアックな先輩方が大勢いらっしゃいまして、私(あるでお)なんかはまだひよっこです。それにもかかわらずオファーをくださったYammy*さん&プロデューサー廣瀬紳一さんにこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。


【データ】



『 Yammy* sings Burt Bacharach 』
Yammy*

CD:2020年11月1日リリース
レーベル:Love Sound Records. (JAPAN)
番号:LSR-0011

Produced by 廣瀬紳一 Shinichi Hirose (LOVE SOUND RECORDS)
All songs Recorded, Mixed & Mastered by 野村智仁 Tomohito Nomura st MOTHERSHIP STUDIO, Kyoto, JAPAN Sep.21〜27, 2020
Musicians
  Yammy* - Vocal
  Sasapong - Piano
  堂地誠人 Makoto Douchi - Saxophone (except T-1,10.)

CDのお求めはYammy*さんOfficial Web Siteの[STORE]/Yammy* Market からも可能です(特典もあるみたいですよ!)。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

★ リンク ★

  • Yammy* Official Web Site
    京都在住のオーガニックシンガーソングライター、Yammy*(ヤミー)さんの公式サイトです。
  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック