« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月29日 (火)

THE GREAT DIVIDE/Burt Bacharach (2020年)

バカラック爺が今年(2020年)10月に自身名義でリリースしたシングルです。(配信のみ/CD無し)

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Ef1d11c392c840b08a254cd0e2ba657a

1. THE GREAT DIVIDE (4:10)


バカラック爺が今年(2020年)10月に自身名義でリリースしたシングル。配信のみです。

公式MVもほぼ同時に公開されました。ここでは歌詞字幕入り版(ただし字幕はサビ部分だけ)を貼り付けておきます。


ヴォーカルは、バカラック・シンガーズのひとりであるジョン・パガーノ。グレッグ・フィリンゲインズ(ピアノ)、ヴィニー・カリウタ(ドラムス)、ポール・ジャクソン・ジュニア(ギター)、フレディ・ワシントン(ベース)、ウェイン・バージェロン(フリューゲルホーン)といった超一流のミュージシャンに、レコーディングエンジニアは大御所アル・シュミット。バカラック爺は演奏に参加していませんが、なんとも豪華な面々です。

作曲はバカラック爺、作詞はメロディ・フェデラー(参考:前回記事)。この曲には、米国内の状況を憂いたバカラック爺のメッセージが込められています。サビ部分の歌詞もそうですし、シングルのアートワーク(赤のエリアと青のエリアが曲のタイトルで分断されている)もナルホド…です。

実際、バカラック爺はさまざまな政治イベントでこの曲をリモート演奏したそうです。米大統領選も大詰め…という時期に行われたインタビュー記事にそう書いてありました。→   インタビュー記事はこちら(Yahoo!entertainment 2020/10/24付け)

バカラック爺がダニエル・タシアンとコラボしたEP『 BLUE UMBRELLA 』(配信:2020/7/31、CD:2020/10/28)とは違ってこの曲は日本ではあまり話題になっていませんが、バカラック爺にとっては大きな意味を持ってるようです。


【データ】
「 THE GREAT DIVIDE 」
Burt Bacharach

MP3:2020年10月9日リリース
レーベル:Burt Bacharach
番号:─

Music:Burt Bacharach
Lyrics:Melody Federer
Musicians
  Vocals:John Pagano
  Piano:Greg Phillinganes
  Drums:Vinnie Colaiuta
  Guitar:Paul Jackson Jr.
  Bass:Freddie Washington
  Flugelhorn:Wayne Bergeron
Engineer:Al Schmidt
Recorded @ Capitol Studios, Hollywood

2020年12月20日 (日)

THE SUN ALSO RISES/Melody Federer & Burt Bacharach (2020年)

米国の女性シンガーソングライター、メロディ・フェデラーがバカラック爺と共作したシングル2曲目です!(配信のみ/CD無し)

(画像は全てクリックすると大きくなります)
8425e7c315d44335b0d856e1d3900ef7_1_201_a

1. THE SUN ALSO RISES (3:34)


米国の女性シンガーソングライター、メロディ・フェデラーがバカラック爺と共作したシングル2曲目 です! 10日ほど前(12/11)にリリースされたばかり!

2人名義の最初のシングルは今年初め(2020/1/24)にリリースした「 BRIDGES 」でした(メロディ・フェデラーについてはそちらを参照ください)。その「 BRIDGES 」はミディアムテンポでポップな曲調でしたが、対照的に「 THE SUN ALSO RISES 」はスローテンポで静かな曲調。8小節にこだわらない小節数やテンションコードの多用など、作曲面はバカラックらしい匂いがぷんぷん。演奏は、バカラック爺によるピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、ベースだけというシンプルな編成。憂いを帯びつつも熱さを内に秘めたメロディ・フェデラーの歌唱は、胸に染みるものがあります。

この曲は Conservasion International のキャンペーンソングのようで、映像作家ロジャー・フィッシュマンが製作した動画を付けてYouTubeにアップされています。


動画の説明欄にバカラック爺のコメントが載っていました。 ─ 急激な気候変動により今起きている或いは将来目にするであろう影響…、それらを良い方向へ変えていくために私達は何かをしなければいけません。 ─

そうか! だから曲名が「 陽はまた昇る 」なのか…。

※ 備考: この曲の2ヶ月前(2020/10/9)にバカラックが配信リリース&動画アップした新曲「 THE GREAT DIVIDE 」も実はメロディ・フェデラーとバカラックの共作曲。私はそれをメロディ・フェデラーのツイートで知りました。でも、バカラック爺の単独名義(ヴォーカルもジョン・パガーノだし)なので、メロディ・フェデラーとバカラック爺が共作したシングルにはカウントしませんでした。悪しからず。

1a274339c6154d34af09ddce5ba658f5_1_201_a


【データ】
「 THE SUN ALSO RISES 」
Melody Federer & Burt Bacharach

MP3:2020年12月11日リリース
レーベル:Melody Federer
番号:─

Written and Performed by Burt Bacharach & Melody Federer
Mixed by Jeff Gartenbaum
Mastered by Nathan Dantzler
Vocals - Melody Federer
Piano - Burt Bacharach
Violin - Eliza James
Viola - Jayna Chou
Bass - David Coy

2020年12月13日 (日)

HELP EVER HURT NEVER [初回盤]/藤井 風(2020年)

藤井 風のファーストアルバム。初回盤にバカラック・カヴァーを2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Cfe25118b26a44a2bd36756a9dec7b64_1_201_a 278c4cc1bf874614959e20a3d4f5bc80_1_201_a 2c5adf305aef4d76a7ac0dc7c035740f_4_5005_
E41eb65e64c64e538a40dd81680120c0_4_5005_
紙ケースの表面/裏面/側面/底面

全22トラック中、バカラック作品は2トラック

<DISC2:HELP EVER HURT COVER>
1. CLOSE TO YOU (3:38)
4. ALFIE (2:33)


今年(2020年)5月にリリースされた藤井 風のファーストアルバム [初回盤] です。

彼は1997年岡山県生まれの23歳。 ─ 昨年末、配信限定で「何なんw」「もうええわ」がリリースされると、アーバンなサウンドに乗った岡山弁の歌詞(一人称が「ワシ」)が世間の度肝を抜き、サブスク上位へランクイン、プレイリスターからの賞賛など、たちまちシーンのど真ん中へ浮上した藤井 風。同曲のMusic VideoがYouTubeへ公開されると、耳の早いリスナーだけでなく、様々なジャンルのクリエイター陣も彼の才能に気づき始め、話題となった。作詞作曲は全曲「藤井 風」。サウンドプロデュースには「Tokyo Recordings」の主宰として数々のアーティストをプロデュースする「Yaffle」氏を迎え、ファーストアルバムにして2020年を代表する名盤が誕生した。◆初回盤はDisc2に“HELP EVER HURT COVER”を11曲収録した2ディスク仕様に加え、このアルバムのために撮り下した特製フォトブック(全52P)が付属する。 ─ (Universal Music Japan サイトより)


ファーストアルバムには通常盤と初回盤がありまして。
通常盤と共通するDISC1(11曲)は全て自作曲。また聴きたくなる曲ばかりで素晴らしいんですょ、ホントに。
初回盤のみのDISC2(11曲)は全て自身のピアノと歌による洋楽カヴァー。バカラック・カヴァー2曲が入ってるのはコレ。

DISC2-1.「 遙かなる影 」はカーペンターズ版のカヴァー。イントロが無いのと間奏でちょっとアドリブを加えてる以外はカーペンターズをリスペクトしたピアノ演奏。一方、若干ハスキー&控えめながらソウルフルな歌声は彼独特。男の色気ってゆーんですか?それを感じます。まだ若いのにすげー! 彼はこの曲のピアノ弾き語りバージョンを2018年7月にYouTubeにアップしています。基本コンセプト&キーはその時と変わりませんが、本アルバムではアウトロで多重録音したコーラスを聴けるのが嬉しいです。

DISC2-4.「 アルフィー 」はシンプル且つオーソドックスなピアノ弾き語りのカヴァー。パフォーマンス自体は素晴らしいものです。でもね、人の心に染み入るレベルか…というとソコ迄は行ってない感じ。多分聴く方の期待値というかハードルがめっちゃ高くなるんですよ、彼の場合は…。上から目線で失礼しました。

とはいえ、DISC2に入ってる他の洋楽カヴァーや10年前からYouTubeにアップされている動画(洋楽/邦楽のピアノ弾き語りカヴァー、クラシックのピアノ演奏、「 ムーン・リバー 」のビッグバンド風エレクトーン演奏など)を聴いて感じるのは、彼の音楽的裾野の広大さとセンスの良さ。自作曲・カヴァー共に今後も要注目です!


【データ】
『 HELP EVER HURT NEVER [初回盤] 』
藤井 風

CD:2020年5月20日リリース
レーベル:HEHN RECORDS / UNIVERSAL SIGMA
番号:UMCK-7064/5

<DISC1>
Sound Produced by Yaffle
All songs Written by 藤井 風(Fujii Kaze)
English Translation by 藤井 風(Fujii Kaze)
Musicians は割愛

<DISC2:HELP EVER HURT COVER>
Vocals, Piano:藤井 風(Fujii Kaze)

2020年12月 6日 (日)

WHAT THE WORLD NEEDS NOW (IS LOVE)/Smokey Robinson (2020年)

スモーキー・ロビンソンが若いアーティストと共に「 世界は愛を求めている 」をカヴァー。数日前に配信&サブスクでリリース!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
8ad02cb122764eb49a939d1178728f73_1_201_a

1. WHAT THE WORL NEEDS NOW (IS LOVE) (2:52)


スモーキー・ロビンソンがレオナ・ルイス、トリー・ケリー、サム・フィッシャーと共に「 世界は愛を求めている 」をカヴァー。数日前(2020年12月3日)に配信&サブスクでリリースされました。

スモーキー・ロビンソン(1940年生まれの80歳)は説明不要ですね。他の3人は、レオナ・ルイス(Leona Lewis 英国の歌手、1985年生まれ)、トリー・ケリー(Tori Kelly 米国のSSW、1992年生まれ)、サム・フィッシャー(Sam Fischer 豪州のSSW、1991年生まれ)といった若いアーティスト。トリー・ケリーがアーティスト名に入ってないのはなんで?と思いますが、何か事情があるんでしょうねぇ…。


このカヴァーは米国赤十字社のためのチャリティーソング。赤十字公式がYouTubeにUPしているMVは、リモートで歌う4人の姿と自然災害での赤十字の活動を映し出しています。


バカラック爺もツイッターやインスタで反応を示してましたね。
3ad4b437730b4adc9324f43d3d840b57_1_201_a B74af4273ac94472aa1db79867c6ab73_1_201_a 3b59af86f79e4d76a7e31e152baf0b90_1_201_a

「 世界は愛を求めている 」は、米国では銃乱射事件など大きな事件が起きるたびに繰り返しカヴァーされてきた曲。また、クリスマス曲ではないけれど昨今のクリスマス・アルバムによく取り上げられる曲でもあります。
COVID-19のパンデミック、ハリケーン、カリフォルニアやオレゴンの山火事など例年以上の災厄に見舞われた2020年の米国…。ホリデーシーズンの今、この曲は例年以上に心に響くかもしれませんね。



【データ】
『 WHAT THE WORLD NEEDS NOW (IS LOVE) 』
Smokey Robinson (feat. Leona Lewis & Sam Fischer)

MP3:2020年12月3日リリース
レーベル:Smokey Robinson
番号: -

Vocal - Smokey Robinson, Leona Lewis, Tori Kelly & Sam Fischer
Producer その他詳細不明

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

★ リンク ★

  • Yammy* Official Web Site
    京都在住のオーガニックシンガーソングライター、Yammy*(ヤミー)さんの公式サイトです。
  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック