« A Happy Afternoon/Dieter Reith (1966年) | トップページ | Magic Moments The Definitive Burt Bacharach Collection/V.A. (2008年) »

2021年1月10日 (日)

Always Something There - A Burt Bacharach Collectors' Anthology 1952-1969/V.A. (2008年)

1950〜60年代のレアな作品ばかりを集めた英ACE編集のバカラック物コンピ集です。全26曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
3f95078a6e9a4281ad0be1e5a9faddf0_1_201_a 774cb93cf18f42ca9a6136cd8ce69005_1_201_a

1. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME  〜 Lou Johnson 〜  M
2. SO LONG JOHNNY  〜 Jackie DeShannon 〜  F
3. THIRD WINDOW FROM THE RIGHT  〜 Dean Barlow 〜  M
4. IF I NEVER GET TO LOVE YOU  〜 Gene Pitney 〜  M
5. MADE IN PARIS  〜 Trini Lopez 〜  M
6. I WAKE UP CRYING  〜 Del Shannon 〜  M
7. RAIN FROM THE SKIES  〜 Adam Wade 〜  M
8. THAT'S THE WAY I'LL COME TO YOU  〜 Bobby Vee 〜  M
9. MOVE IT ON THE BACKBEAT  〜 Burt and the Backbeats 〜  F
10. YOU'RE TELLING OUR SECRETS  〜 Dee Clark 〜  M
11. THIRTY MILES OF RAILROAD TRACK  〜 The Hammond Brothers 〜  M
12. THE STORY OF MY LIFE  〜 Big Al Downing 〜  M
13. THREE FRIENDS (TWO LOVERS)  〜 The Turbans 〜  M
14. TRUE LOVE NEVER RUNS SMOOTH  〜 Don and Juan 〜  M
15. THEY DON'T GIVE MEDALS (TO YESTERDAY'S HEROES)  〜 Ben E. King 〜  M
16. MORE TIME TO BE WITH YOU  〜 Brook Benton 〜  M
17. DREAM SWEET DREAMER  〜 Dionne Warwick 〜  F
18. THAT'S NOT THE ANWSER  〜 Vi Velasco 〜  F
19. I LOOKED FOR YOU  〜 Charlie Gracie 〜  M
20. SEND ME NO FLOWERS  〜 Doris Day 〜  F
21. HOW ABOUT  〜 Della Reese 〜  F
22. THE LAST TIME I SAW MY HEART  〜 Marty Robbins 〜  M
23. CRAZY TIMES  〜 Gene Vincent 〜  M
24. GOTTA GET A GIRL  〜 Frankie Avalon 〜  M
25. WILD HONEY  〜 Cathy Carr 〜  F
26. ONCE IN A BLUE MOON  〜 Nat 'King' Cole 〜

※ メイン・ボーカル入りの曲は、F(Female-女性)、または M(Male-男性)と表記


収録時間約65分


1950〜60年代のレアな作品ばかりを集めた英ACE編集のバカラック物コンピ集です。

─ ナット・キング・コール、ディオンヌ・ワーウィック、ドリス・デイ、ベン・E・キングほか、米国を代表する数多の著名アーティストたちに楽曲を提供、いくつもの名曲を世に送り出してきた作曲家、バート・バカラックの功績を一枚に纏め上げた決定盤。
様々なアーティストたちにカヴァーされ続けてきた愛すべき名曲、チャートを賑わせたヒット曲やその裏の知られざる逸話、さらにはマニア新発見の新発見も織り交ぜながら紡ぎ上げられるバカラック・ストーリー全26話。すべてのポップ・ミュージック・ファンに試してもらいたい珠玉のコンピレーションが遂に登場! ─ 


私が所有するCDは輸入盤に日本語の帯が付いた所謂 <国内仕様輸入盤>。上記はその帯に書かれていたPR文を引用したものです。

Fc42d3eb70b1435a812271719a6261a7_1_201_a
この帯、画像の部分以外に2枚ぶん折り畳まれているんですが、それを開くと計5ページに各曲解説の日本語訳がびっしり印刷されています。収録曲は一般的に知られてない曲目が殆どなので(帯のPR文では触れてませんが💦)、これは嬉しいです。

F4bbc70aac1f4c9ebfa63098d1d3a8b9
全26曲中、有名曲( = カヴァー定番曲)と言えるのはT-1.「 愛の思い出(愛のウェイト・リフティング)」のみ。あと、T-12.「 ストーリー・オブ・マイ・ライフ 」がそこそこ知られてる曲目でしょうか。残り24曲はマニアックな曲目ばかり。


オリジナル・バージョンが20曲(リストの曲名の◆マーク)も入ってますから、コンパイルする上での方針はオリジナル重視と言えます。それに、他のバカラック物コンピ集では見かけず本コンピ集にしか入ってないバージョンがオリジナル/カヴァー合わせて9曲(リスト左側マーク)もあります。貴重な音源が多く、コレクターにはありがたいですねー。

個々のバージョンについての特記事項はリストの脚注をご覧ください。以降、個人的なレコメンド曲を紹介します。

🔸ジャッキー・デシャノンのT-2.「 ソー・ロング・ジョニー 」:ヘンテコリンな曲としてバカラック愛好家の間では有名ですが、本コンピ集の中でもやっぱり目立ってます(笑) 参考記事 → バカラック物コンピ集『 Burt Bacharach MASTERPIECE Vol.3 』、ジャッキー・デシャノンのアルバム『 Are You Ready For This? 』
🔸ドン&ファンのT-14.「 恋は異なもの(苦しい恋こそ真の恋)」:この曲のオリジナルなんですが、私は本コンピ集で初めて聴きました。男性デュオによる全編ハモリ曲だったとは! ジーン・ピットニーやペトゥラ・クラークのカヴァーはサビの一部しかハモってないですからねー。
🔸ディオンヌ・ワーウィックのT-17.「 ドリーム・スウィート・ドリーマー 」:ディオンヌが子供を授かった時にバカラックに依頼し、出来上がったのがこの曲だった…ということを本コンピ集で初めて知りました。 参考記事 → ディオンヌ・ワーウィックのアルバム『 PROMISES, PROMISES 』
🔸ヴァイ・ヴェラスコのT-18.「 ザッツ・ノット・ジ・アンサー 」:オリジナルはディオンヌで元々軽快で弾むような曲なんですが、これは更にウキウキする好カヴァーです。 参考記事 → ヴァイ・ヴェラスコのアルバム『 The Vi Velasco Album 』

繰り返しになりますが、貴重な音源が多くコレクターにはありがたいコンピ集であることは間違いありません。でも、本コンピ集の約半数を占める1962年以前の曲には(バカラックらしさという点で)魅力が少ないということも改めて認識しました…。


【データ】
『 Always Something There - A Burt Bacharach Collectors' Anthology 1952-1969 』
V.A.

CD:2008年7月1日リリース (所有CDは、同年8月22日リリースの国内仕様輸入盤)
レーベル:Ace Records (UK) (所有CDは、P-VINE Records (JP))
番号:CDCHD 1195 (所有CDは、PCD-17217)

Compiled by Mick Patrick abd Tony Rounce
Notes by Mick Patrick
This compilation (P)2008 Ace Records Ltd (c)2008 Ace Records Ltd
Made in the EU

↓ 左はAce(UK)盤、右は国内仕様輸入盤

« A Happy Afternoon/Dieter Reith (1966年) | トップページ | Magic Moments The Definitive Burt Bacharach Collection/V.A. (2008年) »

コンピレーションアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A Happy Afternoon/Dieter Reith (1966年) | トップページ | Magic Moments The Definitive Burt Bacharach Collection/V.A. (2008年) »

★ リンク ★

  • Yammy* Official Web Site
    京都在住のオーガニックシンガーソングライター、Yammy*(ヤミー)さんの公式サイトです。
  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック