« Always Something There - A Burt Bacharach Collectors' Anthology 1952-1969/V.A. (2008年) | トップページ | I FORGOT WHAT IT WAS LIKE/Ray Peterson (1963年) »

2021年1月17日 (日)

Magic Moments The Definitive Burt Bacharach Collection/V.A. (2008年)

ライノ/ユニヴァーサル・ミュージック・グループ・インターナショナルから2008年にリリースされた英国編集のバカラック物コンピ集です。75曲入りCD3枚組!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Ebc5a0c86f854109bc78d924a16f617c_1_201_a B34bf7e451ee446eaa13d5ca79e4fc74_1_201_a

Disc 1
1. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE  〜 Jackie DeShannon 〜  F

2. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU 〜 Carpenters 〜 F
3. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD 〜 B. J. Thomas 〜 M
4. REACH OUT FOR ME  〜 Nancy Wilson 〜  F
5. BABY IT'S YOU  〜 The Shirelles 〜  F
6. WALK ON BY  〜 Dionne Warwick 〜  F
7. THE LOOK OF LOVE  〜 Dusty Springfield 〜  F
8. I JUST DON'T KNOW WHAT TO DO WITH MYSELF  〜 Tommy Hunt 〜  M
9. SEND ME NO FLOWERS  〜 Doris Day 〜  F
10. GOTTA GET A GIRL  〜 Frankie Avalon 〜  M
11. WIVES AND LOVERS  〜 Jack Jones 〜  M
12. ALFIE  〜 Cilla Black 〜  F
13. THIS GUY’S IN LOVE WITH YOU  〜 Herb Alpert 〜  M
14. PROMISE HER ANYTHING  〜 Tom Jones 〜  M
15. (IT'S) WONDERFUL TO BE YOUNG  〜 Cliff Richard 〜  M
16. CRAZY TIMES  〜 Gene Vincent 〜  M
17. I LOOKED FOR YOU  〜 Charlie Gracie 〜  M
18. THE BLOB  〜 The Five Blobs 〜  M
19. SO LONG JOHNNY  〜 Jackie DeShannon 〜  F
20. A HOUSE IS NOT A HOME  〜 Shirley Bassey 〜  F
21. NIKKI  〜 Burt Bacharach 〜
22. DON'T YOU BELIEVE IT  〜 Andy Williams 〜  M
23. (THERE GOES) THE FORGOTTEN MAN  〜 Jimmy Radcliffe 〜  M
24. TRAINS AND BOATS AND PLANES  〜 Billy J. Kramer and The Dakotas 〜  M
25. CASINO ROYALE  〜 Herb Alpert & The Tijuana Brass 〜
26. ANYONE WHO HAD A HEART  〜 Dionne Warwick 〜  F
27. THE WINDOWS OF THE WORLD  〜 Bobbie Gentry 〜  F
28. ONCE IN A BLUE MOON  〜 Nat 'King' Cole 〜

Disc 2
1. MAGIC MOMENTS  〜 Perry Como 〜  M
2. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE  〜 Dionne Warwick 〜  F
3. I SAY A LITTLE PRAYER  〜 Aretha Franklin 〜  F
4. WISHIN' AND HOPIN’  〜 Dusty Springfield 〜  F
5. MAKE IT EASY ON YOURSELF  〜 The Walker Brothers 〜  M
6. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME  〜 Sandie Shaw 〜  F
7. DON'T GO BREAKING MY HEART  〜 Burt Bacharach 〜  F
8. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN  〜 Dionne Warwick 〜  F
9. PLEASE STAY  〜 The Drifters 〜  M
10. TOWER OF STRENGTH  〜 Gene McDaniels 〜  M
11. THE STORY OF MY LIFE  〜 Marty Robbins 〜  M
12. WHAT'S NEW PUSSYCAT?  〜 Tom Jones 〜  M
13. THAT'S NOT THE ANSWER  〜 Vi Velasco 〜  F
14. DON'T MAKE ME OVER  〜 Dionne Warwick 〜  F
15. ANY DAY NOW  〜 Chuck Jackson 〜  M
16. (THE MAN WHO SHOT) LIBERTY VALANCE  〜 Gene Pitney 〜  M
17. MEXICAN DIVORCE  〜 The Drifters 〜  M
18. THIRD WINDOW FROM THE RIGHT  〜 Dean Barlow 〜  M
19. RAIN FROM THE SKIES  〜 Adam Wade 〜  M
20. HOW ABOUT  〜 Della Reese 〜  F
21. KEEP AWAY FROM OTHER GIRLS  〜 Helen Shapiro 〜  F
22. MADE IN PARIS  〜 Trini Lopez 〜  M
23. IT'S LOVE THAT REALLY COUNTS (IN THE LONG RUN)  〜 The Merseybeats 〜  M
24. MY LITTLE RED BOOK  〜 Manfred Mann 〜  M
25. THIS EMPTY PLACE  〜 The Searchers 〜  M
26. PACIFIC COAST HIGHWAY  〜 Burt Bacharach 〜

Disc3
1. THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR  〜 Dionne & Friends 〜  FM
2. GOD GIVE ME STRENGTH  〜 Burt Bacharach & Elvis Costello 〜  M
3. WHAT'S IN GOODBYE  〜 Will Young 〜  M
4. ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)  〜 Christopher Cross 〜  M
5. HEARTLIGHT  〜 Neil Diamond 〜  M
6. GO ASK SHAKESPEARE  〜 Burt Bacharach & Rufus Wainwright 〜  M
7. WHO ARE THESE PEOPLE?  〜 Burt Bacharach & Elvis Costello 〜  M
8. SOUTH AMERICAN GETAWAY  〜 Burt Bacharach 〜  FM
9. EVERYBODY'S OUT OF TOWN  〜 B. J. Thomas 〜  M
10. ODDS AND ENDS  〜 Dionne Warwick 〜  F
11. THIRTY MILES OF RAILROAD TRACK  〜 The Hammond Brothers 〜  M
12. LONG AFTER TONIGHT IS ALL OVER  〜 Irma Thomas 〜  F
13. LET THE MUSIC PLAY  〜 The Drifters 〜  M
14. PAPER MACHE  〜 Dionne Warwick 〜  F
15. ONE LESS BELL TO ANSWER  〜 Keely Smith 〜  F
16. LONDON LIFE  〜 Anita Harris 〜  F
17. BLUE GUITAR  〜 Richard Chamberlain 〜  M
18. IN THE LAND OF MAKE BELIEVE  〜 The Drifters 〜  M
19. YOU'LL NEVER GET TO HEAVEN (IF YOU BREAK MY HEART)  〜 The Stylistics 〜  M
20. JUST FRIENDS  〜 Carole Bayer Sager 〜  F
21. HASBROOK HEIGHTS  〜 Burt Bacharach 〜  M

※ メイン・ボーカル入りの曲は、F(Female-女性)、または M(Male-男性)と表記

収録時間(Disc 1/2/3) 約79分/約70分/約74分


ライノ/ユニヴァーサル・ミュージック・グループ・インターナショナルから2008年にリリースされた英国編集のバカラック物コンピ集です。75曲入りCD3枚組!

ライノから出たCD3枚組コンピと言えば1998年の『 The Look of Love - The Burt Bacharach Collection 』が有名ですが、これは全くの別物でございます。(被ってる曲も多々ありますけど)

収録曲をいつものようにリスト化してみました。ディスクごとに纏めています。
58a55ac37b47435eaccd8867a538bc97_1_201_a
Da8e0e569d664745b89f3979b4a64556_1_201_a
9499625d73c9412a82d1ed0f006181e8_1_201_a

オリジナル・アーティストの(表の◆印:57曲)比率は76%と高くUS/UKチャート入りした曲も多いのですが、一方で、レアな曲やレアなカヴァー(そのうち、前回紹介した英Ace盤とのダブり曲が10曲程度あり)、近年の作品(バカラックが2005年にリリースしたアルバム『 AT THIS TIME 』収録曲など)もコンパイルされています。

他のバカラック物コンピ集に入ってないのは3曲(表左のマーク)だけと少ないのですが、いずれも個人的にはレコメンド。

🔸ボビー・ジェントリーのDisc1-27.「 世界の窓と窓(世界の窓に光を)」:アコギとウッドベースだけをバックに凛としたボビーの歌唱が沁みます。リストの脚注にも書きましたが、1969年に録音されたもののリリースされず2007年にベスト盤のボーナストラックとして初めて世に出たんだとか。とにかく素晴らしいカヴァーです。
🔸キーリー・スミスのDisc3-15.「 悲しみは鐘の音とともに 」:ヒットしたフィフス・ディメンション版(♩≒66)より幾分速い♩≒74のテンポで、ジャズオーケストラをバックにキーリーは細かいビブラートをかけて歌っています。この曲のオリジナルなのにこのコンピ集を入手するまで聴いたことなくて…。地味なバージョンではあるんですが、初めて聴けた喜びと鐘の音みたいなイントロが新鮮だったのでレコメンド入り。
🔸アニタ・ハリスのDisc3-16.「 ロンドン・ライフ 」:この曲もこのコンピ集で初めて聴いたのですが、とにかくウキウキする曲なんですよね。その後、シングル盤を入手して拙ブログでも取り上げました。よかったらどうぞ → こちら

ブックレットに各曲解説は無くてちょっとショボいですが、エルヴィス・コステロがライナーノーツ(2ページ分)を書いてる点はアピールポイントかと。前半は、バカラック曲に対する印象や子供の頃の実体験等を交えながらバカラックのキャリアを紹介。そして後半は、バカラックと共作した時のエピソードを綴っています。以下引用しますね。機械訳(少し直しましたが)ですので、悪しからず。

─ 1995年から1998年の間に、バート・バカラックと私は12曲を書き、アルバム『 Painted From Memory 』になりました。多くの人は私が作詞家としてのみ行動することを期待していましたが、バートは私たちの音楽コラボレーションのほとんどを共同作曲することに同意してくれて、私の予想をはるかに超えました。彼はまだ新しい挑戦に興味を持っているアーティストです。  ─
─ バートが作曲する様を見て、時にはピアノの椅子に並んで座り、1つの16分音符の配置またはベース音の調和的な選択を考慮したことは
、無意識のマスタークラスであり私の音楽人生におけるの最大の喜びの1つでした。  ─
─ 依然として彼は、午前3時まで起きてメロディーの小さな修正を1つ考えるソングライターであり、フリューゲルホルン奏者に微妙なフレージングのニュアンスを伝えるアレンジャーなのです。これらは五線譜に書かれた音を超えています。  ─
─ バートがアルバム『 At This Time 』で自ら歌詞を書こうとした時、彼は私に「 WHO ARE THESE PEOPLE? 」という曲で世界の方向性に対する特に厳しい批評を歌うよう打診してきました。私はバートにどんな歌なのか教えてくれるようにお願いしました。彼は「 物事は本当に変わる必要があります。さもないと、すべてがめちゃくちゃになります 」と言いました。私が「 どんな歌詞ですか? 」と訊くと、彼は「 それが歌詞なんだ 」と答えました。  ─
─ 世界が今必要としているのは愛ばかりだけでなく、バート・バカラックの曲なのです。おなじみで深く愛され、その上まだ発見されるのを待っている多くの宝石があるのだから。  ─
─ 彼の最高の曲は? それは彼が書く次の曲かもしれません。 エルヴィス・コステロ 2008年9月17日  P.S. Burt and I just wrote two more… ─

コステロのバカラック愛の大きさ・深さを改めて感じました…。

そうそう、このブックレットにはバカラックのコメントも載ってました。短いので全文引用します。
─ 私の音楽を次のレベルに引き上げてくれたすべてのアーティストにとても感謝しています。素晴らしい曲を作れたとしても、アーティストがいなければ本当の意味で作ったとは言えないのです。 バート・バカラック ─ (私の超意訳で)


ここからはオマケ。MP3でしか所有してない曲をご紹介!
ボビー・ジェントリーは、「 世界の窓と窓(世界の窓に光を)」以外にもリリースされなかったバカラック・カヴァーがありました。
2c28d83f8fb848ee847b867fb095baa0
2018年に出たCD8枚組の『 The Girl From Chickasaw County (The Complete Capitol Masters) 』で初めて世に出た「 THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU(ディス・ガール)」(3:12) がソレです。バックはアコギとウッドベースだけなので、「 世界と〜 」と同じく1969年に録音したされたものでしょう。粋でおしゃれな好カヴァーと思います。


【データ】
『 Magic Moments The Definitive Burt Bacharach Collection 』
V.A.

CD:2018年11月25日リリース
レーベル:Rhino / Universal Music Group International B.V.
番号:2564 69335 9

Compilation produced by Matthias Bauss for Spark Marketing Entertainment Ltd.
This compilation
(P)2008 Warner Music UK Ltd / Universal Music Group International B.V.
(C)2008 Warner Music UK Ltd / Universal Music Group International B.V.

« Always Something There - A Burt Bacharach Collectors' Anthology 1952-1969/V.A. (2008年) | トップページ | I FORGOT WHAT IT WAS LIKE/Ray Peterson (1963年) »

コンピレーションアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Always Something There - A Burt Bacharach Collectors' Anthology 1952-1969/V.A. (2008年) | トップページ | I FORGOT WHAT IT WAS LIKE/Ray Peterson (1963年) »

★ リンク ★

  • Yammy* Official Web Site
    京都在住のオーガニックシンガーソングライター、Yammy*(ヤミー)さんの公式サイトです。
  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック