本ブログとバカラックについて (2019/ 1/ 1 改訂)

はじめまして、”あるでお”と申します。

バート・バカラックって、誰?

バート・バカラックのプロフィールはコンパクトにまとまっているこちらをご覧ください(ソニーミュージックさんのサイトにリンク)。

彼が作る楽曲の特徴は、時々突飛な動きを見せるメロディライン、これでもかの転調、8小節という単位に収まらない小節数、変拍子の多用、意表を突いたコード進行など。歌うのがとても難しいと歌手の皆さんはおっしゃいます。それでいて聴く側の印象としては軽妙というか小洒落たというかそういう風に聴こえる曲が多くて、気がつくと鼻歌で歌ってたりします(カラオケで歌おうとするとやっぱり難しいんですが)。不思議な魅力があります。

バカラック作の楽曲はこれまで世界中の人に愛され、カヴァーされてきました。本ブログではそれらのオリジナルやカヴァーが入っているアルバム(所有しているCD・アナログ盤・MP3)やシングルをいくつかのカテゴリーに分けて紹介しています。

本ブログでのカテゴリー分けは?

カテゴリーは、便宜的に以下の9つに分けました。

①バート・バカラックのアルバム
 ・メインのアーティストがバカラックとなっているもの
 ・バカラックが音楽を担当した映画等のオリジナル・サウンド・トラック
 ・○○ with Bacharach のようなアルバムは含めない

②ディオンヌ・ワーウィックのアルバム
 ・新作主体/カヴァーアルバムを問わず、ディオンヌ名義のアルバム

③新作主体のアルバム
 ・①と②以外で、バカラックが新作を多数(およそ半数以上)提供したアルバム

④カヴァーアルバム
 ・バカラック・カヴァー曲が主体となっていて、以下のどちらかのアルバム
   Bacharach をアルバムのタイトルやサブタイトルに入れている
   収録曲のうち半分以上がバカラック・カヴァーである
 ・トリビュートアルバム
   複数アーティストによって新たにカヴァーしたアルバム
   複数アーティストによるトリビュートコンサートのライブアルバム

⑤バカラックの曲がちょっと入ったアルバム

⑥コンピレーションアルバム
 ・複数アーティストのバカラック作品を集めたいわゆる編集盤

⑦シングル

⑧バカラック関連ネタ
 ・バカラック作品は入っていないがバカラックと何らかの関連があるアルバム
 ・アルバムやシングル以外のこと。本、コンサート、などなど
 
更新タイミングは週一回、原則毎週日曜日の予定です。2019年は⑥の残り(2006年以降)と、④⑤のマニアックなヤツを紹介してまいります。所有アルバムはあと1年経たないうちに底をつきそうですが…。

ではでは、よろしくお願いいたします。

--------------
2013/ 1/26 初稿
2013/ 6/ 1 改訂 : カテゴリー数 6つ ⇒ 8つ。カテゴリーの補足説明追加
2013/ 7/ 7 改訂 : トリビュートアルバムの帰属(④カヴァーアルバム)を明記
2013/ 9/ 8 改訂 : バカラックって誰?の説明追記。カテゴリー数 8つ ⇒ 9つ
2014/ 3/30 改訂 : カテゴリー①の名称見直し・定義追記
2016/ 1/ 3 改訂 : 紹介するカテゴリーの順番について
2016/ 1/14 改訂 : カテゴリー③の定義明確化
2017/ 1/ 1 改訂 : 2016年のレビュー/2017年に紹介するカテゴリーの順番について

2018/ 1/ 1 改訂 : これまでのレビュー/2018年の予定
2019/ 1/ 1 改訂 : バカラックのプロフィールをシンプルに。カテゴリー数 9つ ⇨ 8つ。2019年の予定

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック